ロンドンで美味しいハンバーグを作る

イギリスのお肉でハンバーグをそのまま作ると箸が折れるほど固くなる&味がないので要注意。イギリスの赤身だらけの、旨味が少なくて臭みがあるお肉でいかに柔らかくて美味しいハンバーグを作るか。いろいろ試してみたので、まとめてみました。文字ばっかりでごめんなさい。

イギリスのお肉でハンバーグを作ってみる

まずはスーパーの出来合いを試してみる

・スーパーで売っているハンバーグ用の肉団子をトライ…臭みを消すために変なハーブが入ってて食べにくい。日本の感覚ではこれはナシ。
・ハンバーガー用のパテが冷凍で売っていたりして、そのパテの玉ねぎ入りはちょっと柔らかめ。旨みは少なめですが、手軽さからこっちは一応アリ

牛ミンチに豚ミンチと混ぜて作る

牛ミンチは脂肪10%から20%ですが、豚はもう少し柔らかいので、混ぜると柔らかめに。たまにアスダなどに合挽き状態も売ってたりします。この定番はもちろんアリ。

だしの素を入れる

旨味がないなら、足せばいいじゃない。というわけで、ひき肉に日本のだしの素を投入してみる。カツオなどの和風出汁でも日本のコンソメなどの洋風出汁でも美味しくなって二重丸。出汁が効いているから麺つゆを入れてしまうっていうのもアリでした。

牛乳を入れる

イギリスの牛肉は臭みがキツくて硬いので牛乳を結構入れて、臭み消しに。水分を入れることで、タネの段階から柔らかくすると、出来上がりもふんわりめで、臭みも少し減る感じです。牛乳はかなりアリ。

炒め玉ねぎを混ぜる

チョップドオニオン、玉ねぎのみじん切り状態が野菜売り場や冷凍野菜売り場にあるので、それをできれば肉と同量だけ炒めて、旨味と柔らかさを出す。きちんとここに塩胡椒や出汁で味付けするとさらにマル。これももちろんアリ。

足りない油脂を足してみる

脂身が足りないなら足せばいいじゃない。というわけでいろいろ足してみました。

ピーナッツバターを隠し味にと子供の頃の料理教室で習ったので試してみたら、これはちょっと甘くなったのが旨味のようでマル。
・瓶で売っているグースファットを少し足してみたら…少し柔らかくなるのと旨味が足された感じでマル
・バターと同じ感じで売っているLardラードを足してみたら…これはちょっと臭みが増強される感じがあるのでナシ

無理にラードを入れるよりは牛乳で柔らかくするのがいいかもしれません。

いっそ焼かない

焼くから硬くなるのかもしれないということで、焼かないで、煮込みハンバーグのように麺つゆなどのソースで最初から煮込んでみました。焼く時も煮込む時も、少し冷ます際にすぐにお皿にお肉だけ取り出さないで、ソースに浸しておくと柔らかめになります。なので、これもアリ。

イギリスのお肉で作るハンバーグまとめ

こんな感じで、ハンバーグにもいろいろ好みはあると思いますが、牛肉のミンチに牛乳を多めに入れて、日本のだしの素を入れ、余裕があればチョップドオニオンを炒めて混ぜて焼くレシピに落ち着いてきました。たくさん作るなら焼くと間に合わないので、煮込むのがおすすめです。

ハンバーグに味ポンをかけ、お箸を入れたらすぐに切れる柔らかさ、隙間から肉汁がジュワッとなったらそれはもう日本レベルのハンバーグ。栄養豊富な牛肉、イギリスのは不味いと毛嫌いせずに、いろいろ試してみていかがですか

今日もロンドンごはんFacebookページ。
https://facebook.com/Londongohan

スポンサーリンク