ATP world tour finals 2014/ロンドンテニス観戦

今回はATP world tour finals 2014 バークレイズ ワールドツアー ファイナル 2014、テニスの現地観戦の記事です。

ごはんブログですが。

テニスの男子、年間王者決定のツアーが毎年ロンドンのO2アリーナで11月にあります。

ATP ファイナルの会場 O2アリーナ

O2アリーナは、ロンドンの東側、ストラットフォードから南下したノースグリニッジにあります。

夜のO2アリーナ

年間トップ8の選手が出場権利を獲得するのですが、2014年はそれに錦織選手が入りました。これはぜひ応援しに行きたい。というわけで、2014は3戦チケットを購入して観戦してきたので、以下にATP final のまとめを書きたいと思います。

ATP ファイナルの会場 O2アリーナの観覧席

2,3階はスポンサーエリアです。
1階席前寄りからみるコート。

4階席真ん中からみるコート。

4階席は急な角度でかなり高い位置から下を観るので、立っていると怖いです。高所恐怖症の方はご遠慮くださいとの注意書きがあります。ただ、上から見れるのでボールがどこに動いているかがよく見えます。

ATP ファイナルのチケット

ATP finalのチケットはウィンブルドンより入手しやすいです。ウィンブルドンとは違い、O2には観客席がたくさんあるのでチケットが大量に売っているのです。対戦カードがわかる前なら、定価のチケットがだいたい買えます。ただ、土日のチケットや平日夜は早めに売れるので、特に決勝、準決勝などのチケットが欲しいときは早めに買わないといけません。

対戦カードがわかるのは前日だったりするので、対戦カードをみてからチケットを買うのは難しいか高い可能性があります。そのため、平日なら遅くてもグループリーグが出てから買うか、土日なら出場選手確定前に見切りで買うことになります。

ATP finalの対戦の仕方とチケットの定価

2014はA,Bリーグに4人ずつ分かれ、日曜スタートで1日おきにリーグ戦の後、土日にリーグ上位の2人ずつ計4人でトーナメントでした。土日や平日夜は、面白い試合が選ばれる傾向があります。チケット代金はまちまちですが、普通の観戦エリアの1階席は75ポンドくらい、かなり上から観る4階席は30から55くらいです。

ATP finalの公式転売サイト

そして定価チケット以外に公式の転売サイトがあって、転売価格のチケットも売っています。定価とは関係なく値付けされたサイトの価格に手数料が30%くらい上乗せになります。もちろん対戦カードが良いと高騰します。

定価のチケットサイトは、外国からのアクセスが規制されているようです。一時帰国中にチケットを購入しようとしたら、途中から進めなくなりました。ただ公式転売サイトなら日本からでも購入できました。

ATP ファイナルのチケットがなくても

また、観戦チケットがなくてもO2アリーナに入ることはできます。

チケットが必要なのは試合が観れる、センターコートのエリアです。2014では公式サイトに練習予定がアップされていて、Fun ZONEの練習コートは無料で見学でき、スポンサーエリアのコートもネット越しに見ることができました。

ファンゾーンで練習中の選手。

ATP ファイナルのショップ、旗、レストラン

O2の中にはカフェやファストフード、レストランがたくさんあり、公式グッズショップもあるので、チケットがなくてもテニス好きなら期間中に観光するのもオススメです。そして外国在住者にとって入手困難な出場選手の国旗も販売中。カフェでも盛り上がっています。

※ ロンドンの大きなSports Direct で大きな国旗が売ってるので、在庫があれば日の丸が買えたりします。

ATP ファイナルの周辺の観光

観光といえば、ここにはテムズ河の上を通るケーブルカー、エミレーツラインがあります。O2の最寄り駅ノースグリニッジから乗れますよ。

また有料で予約が必要ですが、このO2アリーナの上を歩くことができます。

フェデラーやマリーなどロンドンでも人気のある選手にはホームに、アメリカ在住日本人の錦織選手にはアウェイになりやすいO2。日の丸持って応援しに行けるならぜひぜひ応援を。ただ、錦織選手に関して言えば、日本のテレビのほうがしっかり放送してくれていて、ロンドンより応援しやすいと思います。ロンドンでは地上波放送はセミファイナル以降でしたよ。

2015はフェデラー対ジョコビッチというプラチナ試合をラッキーにも観れたのですが、1階席の雰囲気の階級が上がっていました。

今日もロンドンごはん Facebookページ
https://facebook.com/Londongohan

スポンサーリンク